手作りの結婚指輪を贈ろう|素材の特徴を詳しく紹介

最新記事一覧

一生身につけるために

プロポーズ

デザインやメンテナンス

婚約指輪は、特定の男性からのプロポーズを受け入れた女性が、婚約期間中に身につける指輪です。そして結婚する時に外し、代わりに結婚指輪をつけることが一般的です。そのため結婚指輪と比べると、婚約指輪はつけている期間が短いと言えます。それでいて価格は通常は結婚指輪よりも高く、なおかつデザインも華やかです。そのことから、つける期間が短いともったいないということで、結婚後にも装着し続ける女性も多くいます。まずは結婚指輪をつけて、その上から重ねて婚約指輪をつけるのです。とはいえ、結婚指輪とデザインが大幅に異なっているのでは、重ねづけをした時に違和感が生じます。そのため近年では、あらかじめ結婚指輪と重ねづけができるようにとデザインされた婚約指輪が販売されるようになっています。たとえばウェーブやV字など、アームのラインが結婚指輪と一致していて、つけた時にピッタリとフィットするような婚約指輪です。また、アームの色や宝石の種類が結婚指輪と同じという婚約指輪もあります。いずれの場合も、1本の指に違和感なく並べてつけることができます。ただし、長い結婚生活の間に指のサイズが変わり、つけることが難しくなることもあります。傷がついたり、汚れによって輝きが失われたりする可能性もあります。このような場合を想定して、多くのジュエリーショップが婚約指輪のメンテナンスを受け付けています。サイズ変更や傷消し、クリーニングなどを行い、再び装着できる状態にするのです。こういった充実したメンテナンスからも、一生涯婚約指輪を身につけるという女性は増えています。

Copyright© 2018 手作りの結婚指輪を贈ろう|素材の特徴を詳しく紹介 All Rights Reserved.