手作りの結婚指輪を贈ろう|素材の特徴を詳しく紹介

最新記事一覧

愛情を示すため

プロポーズ

美しさと価値の高さ

婚約指輪は、一般的に男性が女性に求婚する際に贈る指輪です。求婚を受け入れてもらえるかどうかは、婚約指輪の美しさや品質、価格によって決まると言っても過言ではありません。もちろん愛情の有無が最も大事ですが、婚約指輪があまりにもみすぼらしいと、いくら愛情があっても、女性側にそれが疑われてしまう可能性があります。そのため多くの男性が、求婚を成功させるために、そして自分の愛情の大きさを示すために、品質の良い婚約指輪を贈っています。具体的には、婚約指輪の相場は30万円前後となっています。結婚指輪の相場が、男性用と女性用のセットで10〜20万円なので、それと比べると高めと言えます。この価格差は、宝石の有無によって生じています。結婚指輪の場合、宝石をつけないことが多く、つけたとしても0.1カラット以下の小粒のものということがほとんどです。しかし婚約指輪の場合、0.3カラットほどのやや大粒の宝石がつけられます。しかも、宝石の中でも特に希少価値と人気の高いダイヤモンドがよく選ばれているので、相場が高めとなっているのです。中には、0.5カラット以上のダイヤモンドをつけたり、小粒でも美しく輝くように工夫してカットされたダイヤモンドを複数並べてつけたりする男性もいます。この場合はより価格が高く、50万円以上となることも少なくありません。こういった高価な婚約指輪は、価値からも美しさからも女性を魅了します。そしてその魅力が、贈ってくれた男性に対する愛情を一層深めますし、一生を捧げる決意を固いものとするのです。

Copyright© 2018 手作りの結婚指輪を贈ろう|素材の特徴を詳しく紹介 All Rights Reserved.