手作りの結婚指輪を贈ろう|素材の特徴を詳しく紹介

プロポーズ

愛情を示すため

婚約指輪は、求婚の際に男性から女性へと渡される指輪です。婚約指輪の相場は結婚指輪よりも高く、30万円前後です。これは、結婚指輪よりも大きく美しい宝石がつけられているからです。特にダイヤモンドがよくつけられています。美しい上に価値も高いので、贈られた女性は男性への愛情を一層深めます。

最新記事一覧

指輪

カラフルな輝き

ラザールダイヤモンドは、婚約指輪や結婚指輪につける宝石として人気があります。希少価値が高い上に、受けた光を強く華やかに反射するからです。さらにサイズによってはIDが刻まれるため、偽物の中に紛れ込んだとしても見分けることができます。また正規店では、修理やクリーニングなどのメンテナンスもしてもらえます。

リング

お店選びから考える

名古屋でブランドショップに足を運べば、各種指輪のトレンドデザインと比較して結婚指輪を選ぶことができます。逆にマリッジリングだけを見たい場合、ブライダルジュエリー専門店に行くと良いでしょう。宝石の魅力が引き立つ結婚指輪を手に入れたい場合はソリティアデザインを選択します。

指輪

満足できる仕上がりに

手作りの結婚指輪は、好みや指の形にしっかりと合わせることができるため、注目されています。しかも専用の工房で作れば、材料や道具が揃っていますし、クラフトマンがサポートするため、品質の良いものが完成するのです。思い出作りにもなるので、手作りをするカップルは増加しています。

プロポーズ

一生身につけるために

近年では、結婚指輪と重ねづけができる婚約指輪も販売されています。結婚指輪と合うデザインとなっているので、並べてつけても違和感がないのです。またジュエリーショップでは、サイズ変更や傷消しなどのメンテナンスも行われています。これにより、多くの女性が結婚後も婚約指輪をつけるようになっています。

プラチナが一番人気

リング

素材ごとの特徴とは

結婚指輪を手作りするカップルが近年増加傾向にあります。結婚指輪を二人で手作りすること自体の楽しさもありますし、費用が抑えられるというメリットもあります。結婚にお金をかけず、思い出や人と人とのつながりを重視するという社会的な傾向があらわれた結果といえるでしょう。結婚指輪を手作りする場合は、素材から選ぶのが一般的です。結婚指輪に使われる素材としてはプラチナが一番人気で、ゴールドがそれに続く人気があります。手作りする場合でもその二つが圧倒的に人気で、それら二種類のみの用意となっている場合も少なくありません。結婚指輪は常につけていることを想定しており、結婚生活が続く限りずっと使うものでもあります。そのため、耐久性が非常に重要となってくるのです。プラチナやゴールドは素材として非常に安定しており、熱などにも強く、くすみや黒ずみなども起きにくいという特徴があります。また貴金属としての価値も安定して高く、一生をともにする貴金属としてふさわしい素材です。そのため、たいていの人はそれら二種類のどちらかを選びます。耐久性だけならばチタンなどを選ぶ人もいますが、固く加工が難しいため、手作り工房では提供していないことが多いです。また、ピンクゴールドなどゴールドの亜種も人気がありますが、手作り工房では提供されているところは少数派です。手作りの場合は手作りすることに価値があり、素材や宝石などにこだわりつくす人は少数派です。そのため工房でも提供しないことが多いのです。

Copyright© 2018 手作りの結婚指輪を贈ろう|素材の特徴を詳しく紹介 All Rights Reserved.